product

  ring


                   0001      0002                     0003                     0004                     0005                      0006                     0007                     0008                     0009                    0010
                0005 0005 0005 0005 0005 0005 0007 0005 0005    0005 


                        0011                      0012                    0013                      0014                     0015                    0016                      0017                    0018                     0019                      0020         
                0005 0005 0005 0005    0005    0005    0005 0005    0005    0005  


                         0021                   0022                     0023                       0024                    0025                    0026                    0027                    0028                    0029                   0030
                0005    0005    0005    0005    0005    0005    0005    0005    0005    0005 


                        0031                      0032                      0033                    0034       0035     0036                     0037
                0005     0005    0005    0005 0005 0003  0003 





 wedding ring

                      101                        102                       103                       104                         105                     106                        107                       108                       109                              
      0005   0005    0005    0005     0005   0005    0005    0005     0005

                     
                     110                         111                         112                       113
      0005      0003     0005     0001 




 ring stand
                                        
                  
   0005   0005            0005               0005            0005   0005   0005



 ring case

   0005


    木の指輪について
  この仕事を初めてしばらくの頃、昼休みになると工場の片隅に、いつからあるとも知れない端材を
 あさったりしていたのですが、その中で、真っ赤な「ブビンガ」というアフリカの木に出会いました。
 初めはその色から塗装がされているものだと思いましたが、この木が持つ自然な色だという事を聞き驚きました。
 その後こっそり端っこの方を失敬して切ってみると、どこまで切っても鮮やかな赤色が出ていました。
 表面はやけて色が褪せて来るので、中の方が鮮やかなくらいでした。

  木の一般的なイメージ、「自然な感じ、優しさ、あたたかさ」などとは対照的な印象を受けました。
 その衝撃的な出会いから、そのような今まで知っていた「木」とは違う「木」が、特に気になるようになり、
 それらで何か身近なものをつくりたいという思いが強くなりました。
 
  実際、指輪に使われている「木」が、塗装していない「木」そのものが持つ色だという事が分かると驚かれる方も多いです。
 
  木の指輪をつくるにあたり、特に伝えたいというようなメッセージや、分かりやすいストーリー等はありませんが、
 そういった、木の意外な一面の発見をカタチにして伝えたいのだと思います。


   強度について  
  普通金属でつくられる指輪を「木」でつくって強度的には大丈夫なのか?というのは誰もが心配されるところでしょう。
 指輪として使用に耐えうる強度を実現するために次のような工夫がなされています。

  ・強度の歩きを材料として使う。
  ・木目方向を変えてはり合わせる。
  ・木に浸透させ中で固まる塗料を使い強度を上げる。



  取り扱いについて
  多少の水やお湯に晒される事は問題ありませんが、手洗い、入浴、家事等で石けん、洗剤を使用し、指輪の表面を激しくこすると、
 徐々に艶がなくなりますので、外すことをお勧めします。
  水が内部に侵入して強度に影響することはありません。
  指輪に非常に大きな力がかかるような作業等をされる場合には、外すことをお勧めします。


  オーダー承ります
  気に入ったものが見つかってもサイズが合わない場合はおつくりします。
  サイズは1〜30号(サイズさえ分かれば、30号以上も可)まで対応でき、
  納期2、3週間程度です。


                                                     →product